« 放射能を取り込むのを少なくするために | トップページ | 6/27新宿の測定などについてミーティング報告 »

2011年6月25日 (土)

新宿区が空間線量の測定を公開!

今週の木曜から測定を行っている新宿区。

区内の施設等における放射線量の測定の公開をはじめた。

http://www.city.shinjuku.lg.jp/anzen/snjk001067.html

【測定器】
 シンチレーションサーベイメータ
 型番:DoseRAE2 PRM-1200(エネルギー非補償タイプ)

  • この測定器は低エネルギーの放射線を高線量に換算するため、測定値の正確さではエネルギー補償タイプに劣り、高めの数値を示す傾向があります。この度迅速に測定を行う必要があったことから入手可能な機器での測定としました。
  • 今後、空間線量の測定に、より適した機器を購入し、必要に応じて測定を行います。

【測定方法】

  • 地上1メートルと5センチメートルの地点で測定します。
  • 表示された数値を5回読み取り、それらの平均値をその地点での測定値とします。

ということです。

「今後、空間線量の測定に、より適した機器を購入し、必要に応じて測定を行います。 」

とあったので、少し安心しました。DoseRAE2 PRM-1200は、都で貸してくれる測定器ではありますが、正直、原発現場などで使われているといっても、わたしが購入するほどの個人レベルのもので測るのかい?って思っていたので。よかったです。つまり、8月以降も測定するつもりなんでしょうか?もちろん、そうしていただかないと、測定するという意味がないと思うんで。ぜひ、続けて欲しいです。

今回、素人のわたしが測定をしてみると、やはり、天気、風の強さ、場所により、測定値が変化することもあるように思います。親であるわたしは、低いなら低いことにこしたことはないって、思いますから、低いのはそれはそれでよかったと思います。公園などで測る場合、仲間たちと特に気をつけていること、気になることは、

この場所は、ちょっと窪んでいる。苔や草むらである。水がたまりやすい、土に染み込みにくいというような場所です。実際、落合地区などの砂場やグラウンドを測ってみると、思ったほど、高くないということです。割と水はけのよい砂地の場所は、まわりも空間がひらけているせいなんでしょうか。思ったほど高くなかったように感じました。

ただ、木の影、木の下、排水溝付近、周りより窪んでいるところなどは、ちょっと高かったように思います。それと、掃除していない池のそばなど。

これも、気象条件などに左右されることもあるから、1回測っただけで、それが正しいのかどうかわかりません。やはり、測定は続けることが大事。私的には、学校などの施設に簡易でもいいから、測定器があったらいいのに!って思います。そうしたら、毎日測定することができる。いざというときの一つの目安になる。こどもたちの助けになるっておもうんだけどな。

本当に、目に見えない、匂いがない。。。こまったヤツです。

記:あさ

 サイオンEM-1号(沖縄産)消費税込み!

 サイオンEM-1号(沖縄産)消費税込み!
価格:2,000円(税込、送料別)

|

« 放射能を取り込むのを少なくするために | トップページ | 6/27新宿の測定などについてミーティング報告 »

放射線情報」カテゴリの記事