« 2011.8.29 矢ケ崎克馬先生の講演会決定! | トップページ | お話会のおしらせ »

2011年8月31日 (水)

矢ケ崎克馬先生講演会レポート 1

2011年8月29日(月)10:00~12:00
矢ケ崎克馬先生「子どもを内部被曝から守るために」講演会が無事に終了しました。

新宿の会では初めての講演会のために一ヶ月間準備をしてきました。
チラシ、HP、ツイッターなどにより、かなりの速さで申し込みがされました。
子どもを内部被曝から守るというテーマから、多くのお母さんに参加していただきたく、託児付きの講演会として準備しました。そしてたくさんのお子さん連れのお母さんが参加してくれました。

講演は矢ケ崎先生作成の資料を手もとに、スクリーンのパワーポイントデータを見ながら進められました。
  内部被曝とは何かー放射線作用の基礎知識、内部被曝による健康被害
  内部被曝隠ぺいの実態・ICRP基準の問題
  いまどのように被曝から子ども・被曝弱者を守っていくのか

をお話されました。

  矢ケ崎先生が長年にわたる核、原爆への取り組みを通して明らかにさせてきたのは、核開発、原発推進が人間の健康よりも優先されてきたという事実でした。
 その根本的な問題を見据えて、これから私たちが子どもを守り、生きていくために生活の中で被曝を防ぐ実践的な方法とともに、国民の健康を守る行政の責任に対して声をあげていくことの大切さを訴えられました。

 申し込みの段階で、参加者から多数の事前質問が寄せられていました。
 子どもの健康に関わる切実な声でした。
 限られた時間のなかで、矢ケ崎先生の論を理解していただき、質問に答えることができるのか、一番心配なことでしたが、参加されたみなさんの紳士的な態度と、先生の誠実な回答によって、時間内に重要な質疑応答をすることができました。

講演会終了後もロビーにて、長時間質問に答え続けていた矢ケ崎先生は、「こういう声を聞くことが大切なんだ」と仰っておられました。市民に寄り添い、静かな情熱を燃やし続ける真の科学者の姿を見せていただきました。

ご参加くださいました皆さま、矢ケ崎先生、本当にありがとうございました。

文:おかべ

講演会レポートは後日またUPいたします。

こどもとの生活で気をつけること。当日質問があった内容や新宿の会と矢ケ崎先生との懇談会(相談会?)での質問など。

|

« 2011.8.29 矢ケ崎克馬先生の講演会決定! | トップページ | お話会のおしらせ »

こどもと放射線」カテゴリの記事